悪徳業者に気をつけよう|お役立ち情報|アルバイトカードローン

悪徳業者に気をつけよう

銀行、消費者金融、信販・通販系カードローンとさまざまな金融会社がありますが、未だ悪徳業者はたくさん存在しています。
悪徳業者と優良業者を見分けることができる目を身につけておくことも大切です。
金融会社のカードローンに通過することができないから闇金を利用するというのも絶対にいけません。闇金は非常に危険です。
たとえブラック情報を持っている人でも無職でも誰に対してもお金を貸してくれますが、闇金は高金利の貸付を行い、1日でも返済に遅れてしまうと態度ががらりと変わります。
態度が普通だったのに、いきなり言葉遣いが荒くなり、毎日請求電話がかかってくる、怖い人たちが自宅まで押し寄せることもあります。
また、契約書には書かれていなかったことまで言ってくることもあります。
返済日が後れたとたん、その後毎日5,000円の利子がつくようになっているというでたらめなことも言ってきます。
そこで、自分はそのような契約はしていないと主張しても、「実際に契約書もあるし、サインをしたから」と闇金はしつこく主張してくるので解決にはなりません。
消費者金融の中でも法律でしっかり決められている金利以上のお金を請求されたり、貸金業登録番号を偽って営業しているところもあります。
名前や売り込みの言葉に惑わされずに、まずはどのような金融会社なのか、信用できるところなのかきちんと調べてください。
インターネットで調べると金融会社のさまざまな口コミや情報があります。
悪徳を働く業者には必ず悪い口コミが記載されているので、何かしらの情報は得ることができます。
少しでも不審なことがあればすぐに“個人信用情報センター”や“日本貸金業協会”に登録されている金融会社かどうか確認してください。