借入は年収の3分の1まで|カードローンの基礎知識|アルバイトカードローン

借入は年収の3分の1まで

カードローンでもキャッシングでもお金を金融会社から借りる際に、「総量規制」という貸金業法に気をつけておかなければなりません。
総量規制とは収入の3分の1までしかお金を借りることができないという法律のことです。
もし自分の収入が100万円であれば、30万円しか借りることはできません。
なぜ総量規制ができたのかというと、複数の金融会社から借入れを行う人=多重債務者が増加してしまい、返済することができないというケースが増えてしまったためです。
自己破産をしてしまうと金融会社もどうしようもないので多重債務者を増やさないためにも総量規制が決められたのです。
しかし、総量規制が定められているのは消費者金融のような金融会社であり、銀行や農協関係の金融会社では総量規制の対象外となっています。
収入の3分の1以上の額でも借入れをすることができます。
しかし、総量規制対象外からといって借りすぎるのは良くありません。特に、アルバイトといった収入が低い人はなおさらのことです。
借入は収入の3分の1まで、毎月返済することができる金額までと自分なりのルールを決めてください。
銀行のカードローンに通過できたら総量規制に邪魔されることなく、さまざまな使用目的に利用することができます。融資額が大きくなれば自由に好きなことに使えますが、本当に必要なだけのお金を借りていかないと後で困ります。
銀行系カードローンは総量規制対象外でも自分で借入は年収の3分の1までと決めておくことをお勧めします。
総量規制が適用される消費者金融で借入れを行う場合は、年収の3分の1以上の額も借りることができますが、自分が毎月必ず返済日までに返済していくことができる限度額を把握しておいて、きちんと返済計画を立てた上で借りていきましょう。