水道が止められた!?|貧乏脱出作戦|アルバイトカードローン

水道が止められた!?

貧乏脱出作戦:水道が止められた!?

 

水道は、ライフラインの中でも一番重要なものです。
支払期限に、使用料を納付できない場合は、各自治体によって多少異なりますが、催促状が来て、その後「給水停止予告」が送られてきます。
この「給水停止予告」の期日までに支払いが確認出来れば、水道を止められることは有りませんが、大半の方は水道が止まった時点で気づく方が多いようです。
都市伝説の中では、「水道は命をつなぐライフラインだからそう簡単に止められない」などと言われているようですが、実際は、他の公共料金よりもかなり厳しいです。

 

各自治体によって異なるので、必ず確認することをおすすめしますが、相手が自治体なので休日になると窓口での支払いが不可能であったり、水道の開通がすぐには出来ない場合があります。
大体の自治体では平日の時間内に納付が確認出来ればすぐに水道の供給が行われるようです。

 

しかし、公共料金、特に自治体が管理する水道料の延滞は、社会的信用を無くす要因になります。
ですから、もし手元にお金が無い場合は、「消費者金融」を利用して早めに納付することをおすすめします。

 

消費者金融は500万円までなら、担保も保証人も必要なくすぐに借り入れが可能なところが殆どです。
金融会社によっては、一定の期間(約30日間程度)は無利息で融資してくれる場合が多いです。
借り入れの方法は、店舗へ行出向く必要が無い場合が多く、無人契約機から契約することが可能です。
必要なのは身分証明書だけです。
最短で30分で審査、1時間で借り入れが可能です。

 

生活の基盤がきちんとしていなければ、人は働く意欲をなくします。
健全な生活の上に、労働が伴い賃金を頂けるのです。
貧乏を脱出するためにも公共料金の支払いはきちんとしていくことが大切です。