ガスが止められた!?|貧乏脱出作戦|アルバイトカードローン

ガスが止められた!?

貧乏脱出作戦:ガスが止められた!?

 

ガスは、都市ガスの場合では検針日の翌日から50日を過ぎると供給停止となります。
プロパンガスの場合は、口座引き落としの場合で、1か月分滞納したとしても、次回の引き落とし分に追加して請求書が届きます。
しかし、この2度目の請求書で、引き落としが不可能な場合、督促状が届き、その期日を過ぎた時点でガスの供給がストップされます。

 

ですから、都市ガスで検針日から50日、プロパンガスで(ガス会社にもよりますが)およそ2か月前後で供給が止められてしまうと言う事です。
仮に、支払いが出来たとしても、ガスの開栓手数料などの名目で手数料が掛かりますし、ガスの開栓には時間もかかります。
また、延滞手数料も掛かってきます。

 

ガスは止められてしまうと、ライフラインをガスで賄っていた場合、かなりのダメージがあります。
給湯器が使えないことでお風呂が使用できなかったり、調理が出来なかったり、生活に支障が出てきます。
中には、お風呂は銭湯で、食事は卓上ガスコンロで、と言う方もいるかもしれませんが、公共料金の滞納は社会的信用も無くなってしまいます。
まずは支払う事を考えましょう。

 

手元にお金がない状態で、「給料日はすぐそこ」などと言う場合は、消費者金融を利用してみるのも一つの案です。
大半の消費者金融は500万円までなら、担保も保証人も必要ありません。
無人契約機からの契約で、即日、最短1時間で融資が可能です。
金融会社によっては、「最初の30日間無利息保障」などの特典もあります。
ガスの支払いを滞ったことで、社会的信用を失う結果になるよりも、まずは借りた上で利用料を支払う。
健全な生活の上に、健康的な労働があるのです。
働いて、しっかりした生活をしていれば、もし金融会社から借り入れをしても必ず返済できるのです。
自分の為にもまずは公共料金の支払いをすることが先決です。