電気が止められた!?|貧乏脱出作戦|アルバイトカードローン

電気が止められた!?

貧乏脱出作戦:電気が止められた!?

 

通常、電気は支払期日から最短50日を超えた場合、支払いが確認されないと即、通電を停止されてしまいます。
ですから、およそ2か月前の支払いが、滞っている場合、仮に1か月前の支払いを済ませていても通電を止められてしまいます。
支払いは、順番に支払うように気を付けないと、1回でも支払いに抜けがあれば、電気は止まってしまうのです。

 

しかし、通電を止められてしまって初めて気が付いたとしてもすぐに支払いをして、電気会社で支払いが確認出来れば電気を復旧してくれますので、まずは慌てず、支払いを済ませましょう。
コンビニや銀行での支払いも可能ですが、直接電力会社の窓口で払った方が、確認が早くなるので、それだけ通電の復旧に時間がかからなくて済みます。

 

もし、手元にお金が無い場合。
実際、電気を止められてしまった場合、代わりになるものがありません。
水や、ガスボンベのようにコンビニでその時の分だけ購入することも出来ませんし、携帯の充電も、明かりを灯すことも、エアコンを付ける事もできなくなってしまいます。
お金が手元になくて支払いが出来ないとき、給料日はまだ先と言うときには、消費者金融からの融資を受けて支払いを済ませてしまいましょう。

 

消費者金融はいくつかありますが、大抵は即日融資してもらえます。
1万円から500万円までは、無担保、保証人なしで借り入れが出来ます。
融資可能かどうかの診断は最短で30分、融資には最短で1時間が相場です。
利用は、来店は必要なく、無人契約機からカードを発行してもらい、
借り入れが可能になります。
カードはコンビニのATMからでも利用可能です。

 

まずは、支払うことが先決です。
健全な生活をして仕事をする為にも、必ず必要経費の支払いを優先させましょう。