無職でも審査に通る?|審査について|アルバイトカードローン

無職でも審査に通る?

カードローンを利用することができる人は、「20歳以上で安定した収入がある人」とどの金融会社でもそのように記載されています。
無職は働いていないので安定した収入がありません。
無職でもカードローン審査に通ることができるのか、できないと思いますが、ある条件を満たせば無職でもカードローン審査に通過することができます。
その条件とは「配偶者の収入証明書」の提示です。
配偶者の収入証明書が無職の収入証明書となるので、その収入によってはカードローンの利用が可能になるのです。
もちろん、配偶者にお金を借りることがバレるかもしれませんが、それは仕方がありません。
無職は収入がないので、金融会社も簡単にお金を貸すことはできないのです。
専業主婦は働いていないため、配偶者の収入証明書が必要となります。提示すれば無職でも審査に通ることができるので知っておくと良いです。
もし、“無職でもカードローンを利用できます!”と大々的に宣伝している金融会社があれば怪しいと考えてもらって構いません。
きちんとしている金融会社であればあるほど、無職でも利用できるカードローンは慎重に審査を行っています。
無職に対する姿勢がきちんとされているのでこちらも安心して利用することができるのです。
無職でもある条件を満たせば審査に通ることはできますが、金融会社の選択は慎重に行ってください。誤って闇金に手を出してしまうと大変なことになってしまいます。
年金で生活している人は、その年金が収入源として認められればカードローン審査に通過することができるケースもあります。
あくまで働いておらず、収入がないので融資額は高くないということを覚悟しておいてください。