アルバイトが審査に落ちる主な原因|審査について|アルバイトカードローン

アルバイトが審査に落ちる主な原因

よくカードローンの審査に落ちるけど何が原因になっているのか今イチ分からないという人もいますが、アルバイトが審査に落ちる主な原因は3つあります。
まず1つ目は、「信用情報」です。
もしかしたら自分の信用情報に傷がある可能性が高いかもしれません。
昔、金融会社を利用したときにトラブルになってしまったり、借入れで返済が何回か遅れたりすることがある人は信用情報が原因だと考えられます。
どのような信用情報が記載されているのか一般人でもお金を払えば確認することができます。
信用情報機関に問い合わせをして自分の信用情報を確認してください。
2つ目は、「借入額」です。
アルバイトは毎月数万円と収入が会社員よりも少なくなっています。
カードローンに申し込みをする際、きちんと自分の収入に見合った借入額を希望しなければ審査に通ることはできません。
基本は、総量規制内の収入の3分の1です。
年収が100万円であれば、借入額は30万円未満が理想的です。
アルバイトは収入が少ないということを忘れてはいけません。自分の収入で毎月返済日に返済していくことができる借入れを行っていかなければならないのです。
返済に1回でも遅れてしまうとそれだけで金融会社からの信用性は失われます。
もう1度しっかり自分の収入を見直してください。
3つ目は、現在の「借入れ状況」です。
他社から借入れを行っている人は、カードローン審査に落ちる可能性が高いです。

多重債務者にならないように金融会社が考慮し、他社の借入額によっては審査に通過したとしても融資額が少なくなることもあります。
信用情報、借入額、現在の借入れ状況について再度確認してください。