仮審査と本審査|審査について|アルバイトカードローン

仮審査と本審査

アルバイト可能のカードローンにも「仮審査」と「本審査」、2つの審査があります。
審査内容は同じなのですが、簡単にいうと、仮審査は本審査に影響されないお試し感覚の審査であり、本審査はそのまま契約に繋ぐことができる手続きのための審査になります。
もし、審査に通るかどうか分からないと不安に思っている人は仮審査を試してから本審査に進んでください。
仮審査はインターネットを利用して簡単にすることができます。
利用したい金融会社のホームページを開くと、「3秒審査」や「仮審査」というページがあり、借入額や金利など簡単な項目を入力していきます。
仮審査をするというボタンをクリックするとすぐに審査結果が分かるのです。
仮審査は機械で行われます。入力した項目をコンピューターが簡単に審査をし、その金融会社の審査基準に通過できるのかどうか判断してくれます。
あくまで簡易的な審査になるので仮審査に通過できたからといって本審査に必ず通過できるというわけではありません。
仮審査で通過できたのに本審査で通過することができなかったという人もいます。
本審査は、仮審査よりも詳しいところまで審査するので、仮審査ではみられなかった部分も審査対象としてみられることになるのです。
仮審査よりも時間はかかりますし、機械ではなく人間がきちんと細部まで審査することになります。その審査で融資の限度額や金利も決めることになっています。
とても厳重に詳しくあなたについて調べられることになるのです。
仮審査と本審査では審査内容はだいたい同じでも、審査にかける時間や細かくチェックする作業などが違ってきます。
金融会社によっても審査される内容が本審査は違うのでその辺も注意しておかなければなりません。