ブラック情報はいつまで残る?|審査について|アルバイトカードローン

ブラック情報はいつまで残る?

今までの借入れで返済に遅れたり、トラブルを起こしてしまったことは信用情報に事故扱いとして記録されます。
一般的に“ブラック情報”と呼ばれていますが、ブラック情報がある限り、新しい金融会社のカードローンを利用することはできません。申し込みの段階で断られる可能性があります。
ブラック情報をなくすためには、信用情報から削除される時を待たなければなりません。
ほとんどの信用情報は5年〜10年で記録が新しくなります。
つまり、ブラック情報がクリアになるまで時間がある程度かかるということです。それまでは辛抱強く待っておかなければなりません。
ブラック情報は一生残るわけではないのでそれだけは安心です。
信用情報を管理している信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」と「CIC」と「日本信用情報機構(JICC)」の3つの機関が存在しています。
それぞれどのくらいブラック情報を保管しておくのか時間が違うのであらかじめ確認しておくと良いです。
例えば、KSCは延滞・代位弁済・任意整理は5年となっており、自己破産は10年まで記録が残ります。
CICは延滞・任意整理が5年、自己破産が7年です。KSCよりも自己破産の記録は3年早く消されることが分かります。
JICCは延滞1年、任意整理・自己破産・強制解約5年となっています。
1番ブラック情報の記録保管が短いです。
このように、それぞれの信用情報機関によってブラック情報がいつまで残るのか時間が違います。
また、金融会社によってもどの信用情報機関に登録されているのか変わってくるので、自分が利用したいカードローン会社がどの信用情報機関に登録しているのか確認してみてください。