他社の借入金額は影響する?|審査について|アルバイトカードローン

他社の借入金額は影響する?

アルバイトが利用できるカードローンでも、審査に通過しなければ利用できません。
審査に大きく影響するのが“他社の借入状況”です。
過去に金融会社から借入れを行った履歴や現在行っている借入れなどすべての情報は「信用情報」として信用情報機関が大事に保管しています。
信用情報に少しでも問題があれば審査に通過することはできませんので注意しておかなければなりません。
他社の借入れで問題視されるのは、返済日に遅れたことやトラブルなどです。
また、他社の借入金額も影響することがあります。
あまりにもたくさんの金融会社から借入れを行っている場合、借入れ件数が多いということは、借金をしている金額も大きいということです。
多重債務者を出さないためにも金融会社は多数の金融会社から借入れを行っている人に対してカードローンの利用を断る傾向があります。今でも多数の借入れをしているのに、そこからさらにカードローンを増やしてしまうと返済に困ってしまうからです。
他社の借入金額によっては審査に影響することも十分にありえます。
もし、今現在他社から借入れを行っているのであれば、自分がどのくらい借金をしているのか、残りの借入額はどのくらいになっているのか確認しておくことが大事です。
そして、新しくカードローンに申し込みをするときは絶対にウソをつかないようにしてください。
審査に通らないかもしれないから他者の借入れを黙っておく、借入金額を少なめに書いておくというようなことはしないことをお勧めします。
ウソをついても信用情報で丸分かりです。逆にウソをついているからこの人は信用できないと判断されることになるので要注意です。