カードローンに申し込める年齢|審査について|アルバイトカードローン

カードローンに申し込める年齢

カードローンに申し込みができる年齢は基本的に「20歳以上」となっています。
これは銀行でも消費者金融でも信販・流通系カードローンでもすべての金融会社で共通していることです。
20歳以上でなければ利用することはできませんし、年齢確認として本人証明書を必ず提示しなければならないのでウソをついてもバレてしまいます。絶対にウソはつかないようにしてください。
また、20歳以上となっていますが、金融会社によっては上限も設定されています。
20歳〜69歳までの人と決められている金融会社もあり、上限が決められているのには訳があります。
会社を退職するのは60歳〜65歳が一般的であり、69歳となると年金と貯金のみで生活していかなければなりません。収入がまったくない状態になるので返済できるかどうかは、その人の今までの働きによるのです。
良い会社で働いていた、勤続年数が長かった人は年金の額もよく、貯金もある程度貯まっています。
年金・貯金生活でも返済していくことができる状態であれば良いですが、やはり、収入がなくなる分金融会社も信用できないのでお金を貸すこともできません。
そのため、上限が69歳までと決められているのです。
20歳以下でもある条件を満たした学生のみ利用することができる「学生カードローン」が存在しています。
中学生や高校生は利用できませんが、18歳以上の大学生や短期学生の申し込みが可能です。
学生専用のカードローンは18歳以上でも申し込めるようになっているのが特徴的です。しかし、20歳未満の学生は親の承諾が必要となるので注意してください。
学生証と親の承諾がなければ学生専用のカードローンを利用することはできません。